良い塾講師の見分け方

暗記と思考の結びつき

塾というところは、受験技術のみを教える場所ではありません。では、良い塾講師の特徴とは、何なのでしょうか。それは、暗記したことを思考に変える作業のやり方を教えていることです。暗記だけでは、日本史や世界史などはそこそこの点はとれても、英語、数学、国語の点はとれません。いくら英単語や構文を暗記しても、英語を読解し、長文を読みこなし、英作文ができるようにはなりません。思考力、読解力、理解力が絶対に必要になります。それがあってこそ、英語の力が身につきます。国語も数学も同様です。そして、そうした力を通常は「頭」と呼んでいます。「頭」のいい子であれば、ごく自然に思考します。教えるまでもなく、英単語と構文を覚えれば、それを応用して英語を読解できるようになります。

詰め込み教育の捉え方

ところが、「頭」の良くない子はいくら説明しても、それが理解できません。英単語を覚えることはできますが、英単語がいくつか並ぶと、意味がとれなくなってしまいます。言葉と言葉のつながりを類推して、自分で思考することができないのです。そこで、良い塾講師というのは、この「頭」の部分を生徒たちに養うことを重視し、思考回路を生徒の頭の中につくり出します。そのためには、ある程度の詰め込み教育は必要だと割り切ります。そして、英語でいえば、構文を覚えさせ、それを何度も使わせることで慣れさせます。そうすることで、応用力をつけていくのです。つまり、頭のいい子が自然に思考していることを、暗記させ、それに慣れさせることで補っています。集団指導塾を選ぶ際は、塾講師がそのような教え方をしているかどうかが、ひとつの判断基準になります。

年末年始は実家などでダラダラと休んでしまう人が多いものです。そんな中、年末年始も冬期講習に通うとなかなか差がつかないライバルに差を広げられる可能性を秘めます。